恒温恒湿室

恒温恒湿室


簡単お見積もりのご依頼は、
下記でお送りください。


恒温恒湿室・環境試験室
簡易見積依頼書



クリーンルームに関するお問い合わせ

恒温恒湿室のランニングコスト

 恒温恒湿室の制御システムで露点飽和散水システムが、精密空調の一般的な均衡直膨システム(独立温度湿度制御システム)と比べ、いかに省エネで経済性にも優れているか、具体的な事例を上げて検証してみました。

 参考例として恒温恒湿室の5坪型(16.2u 4,500×3,600×2,500H)で23℃±1℃・50%±2%の標準状態の発熱2Kw・人員2名・局所排気なしの設計条件で試算してみました。

 機器選定は弊社標準仕様に基づいています。設計条件・使用状況で異なります。

システムによるコスト比較表

品名 露点飽和散水
システム
均衡直膨
システム

(直膨−散水)
備考
設備
容量
冷凍機 3Kw 3Kw 同能力
ヒーター 9Kw 9Kw 同能力
ファン 0.4Kw 0.4Kw 同能力
加湿器 なし 8Kw 8Kw 散水はいらない
循環
ポンプ
0.25Kw なし −0.25Kw 直膨はいらない
合計 12.65Kw 20.4Kw 7.75Kw 設備容量比0.62
消費
電力
冷凍機 2.1Kw 3.0KW 0.9Kw 散水の稼働率0.7
ヒーター 5.4Kw 6.3Kw 0.9Kw 散水稼働率0.6
直膨稼働率0.7
ファン 0.4Kw 0.4Kw 稼働率100%
加湿器 0 5.6Kw 5.6Kw 稼働率0.7
循環
ポンプ
0.25Kw 0 −0.25Kw 稼働率100%
合計 8.15Kw 15.3Kw 7.15Kw 散水平均稼働率
0.64
直膨平均稼働率
0.75
ランニング
コスト
通常営業
時間稼動
271,000円
(*注1)
509,000円
(*注2)
238,000円 47%減
年間連続
稼動
12.65Kw 20.4Kw 7.75Kw 設備容量比0.62

  • 【通常営業時間稼動の場合】
    *注1→8.15kw/H×9H/日×22日/月×12月/年×14円/kw=271,000円/年
    *注2→15.3kw/H×9H/日×22日/月×12月/年×14円/kw=509,000円/年
  • 【全日稼動の場合】
    *注3→8.15kw/H×24H/日×30日/月×12月/年×14円/kw=986,000円/年
    *注4→15.3kw/H×24H/日×30日/月×12月/年×14円/kw=1,850,000円/年
電気料金を14円/KWで計算しました。

露点飽和散水システムがこんなに省エネのワケ

  1. 加湿器が不要
  2. 冷凍機が二位置制御で連続運転ではない
  3. 過冷却がなく再熱ヒーターの容量が小さい
等の理由が上げられます。

設計条件・設置条件にもよりますが、イニシャルコストも約2割安く、ランニグコストに至っては40〜50%も安くなり、年間連続稼動なら数年で元が取れることになります。